外資系OLの眼鏡

交際2年のカナダ人と同棲生活1年で入籍、現在新婚3年目。国際恋愛・結婚のコツ/外資系OLの仕事術/旅情報/日々の気づきなど、のびのび更新中。

【ヘルシンキ】最終日とホテル【F6】

【ヘルシンキ】ふらっと行ける北欧 - 外資系OLの眼鏡

【ヘルシンキ】旅のきっかけと充実の初日〜2日目【マリメッコやかもめ食堂など】 - 外資系OLの眼鏡

【ヘルシンキ】3日目のメインイベントは本場のサウナ【ロウリュ】 - 外資系OLの眼鏡

ヘルシンキ女ひとり旅について書いてきた旅日記も今回で最後です!

最終日は夕方発の便だったので、午前中最後に観光して、お昼頃に空港へと向かいました。

 

再カンピで朝から心洗われる

ヘルシンキ最後の朝にまず向かったのは、前日にも訪れたカンピ礼拝堂。

f:id:lifeisajanico:20191030164839j:plain

今度は平日の朝一番に行ったので、目論見通り誰もいませんでした(警備員みたいな人はいる)。二人目の訪問者が入ってくるまで30分弱、完全な静寂に包まれてなんとも言えぬ瞑想状態に。ちょっと寝てたんちゃうかな…。

東京の街中にもこういうスペースがあったら都会で擦れた心も少しは癒えるだろうな、と思えるお気に入りスポットになりました。

 

◯◯◯◯◯でシナモンロールを 

続いて向かったのは、今回行かずに帰れないと思っていたパン屋さんへ。

と言うのも、そこで食べられる名物シナモンロールとともに、その衝撃的な店名が有名なのです。

f:id:lifeisajanico:20191104000603j:plain

エロマンガ!

早朝でしたが、ちょうど付近の工事現場で働く人々との朝ごはんラッシュと被っていたみたいで、店内は賑わっていました。それでもイートインスペースに席を取り、お目当てのシナモンロールをいただきます!

f:id:lifeisajanico:20191104000620j:image

これ、なんとか日本に持って帰りたいと思うぐらい美味しかったです!こちらのシナモンロールは、日本でよく見るアイシングが掛かったタイプではなく、大粒のフロストシュガーが掛かっていて結構カルダモンも効いてます。この甘すぎない風味が、これまたコーヒーに合うんだ〜。

正直、初日に行ったかもめ食堂のシナモンロールが「ん?」って感じたので(あくまで好みの問題だと思う)、最後に本場の底力を確認できて良かったです!

 

立地・内装・朝食と最高のホテル 

さて今回宿泊したホテルは、エスプラナーディ通り沿いの道を一本入った立地最高のホテルF6(エフクーシ)です。

ヘルシンキ中央駅からは徒歩10分強ですが、目抜き通りを経ての道のりなので私は気になりませんでした。

hotelf6.fi

ホテルWebサイトから予約したら、Weekend Dealという割引プランがお得でした!

f:id:lifeisajanico:20191104000641j:image

部屋はインテリアやアメニティも素敵で、北欧デザインの世界を堪能することができました。バスルームの写真撮り忘れたんですけど、綺麗で清潔で、使い勝手が良かったですよ!

そしてこのホテルのアツアツポイントはなんと言っても、朝食会場。

f:id:lifeisajanico:20191104000702j:image

ここのインテリアも全体的にオシャンティーで、パンやヨーグルト、サーモンなんかもいちいち美味しいのですが。

f:id:lifeisajanico:20191104000728j:image

何より、食器がすべてマリメッコなのですー!!

今回イッタラのウルティマツーレをゲットしにヘルシンキに来た私、マリメッコはノーマークでしたが、こうやって食器を全部揃えられたらいと可愛かろうなぁ〜とキュンキュンしちゃいました。

あとこちらでは一般的かどうか不明ですが、ホテルのチェックアウト時間が正午と遅めだったのもポイント高し。最終日の朝観光して、ホテルで最後にシャワー浴びて空港に向かえたのは、ロングフライトなだけに嬉しかったです。

 

旅の総括&関連書籍 

というわけで、久々に「行きたい!いま行く!!」と湧き上がる思いに突き動かされて行ってきたヘルシンキ旅行は、予想通りに良かった点と予想外に感動した点が織り交ざった最高の思い出になりました。

ちなみに、今回の旅に先立ちガイドブック等は特に買いませんでした。ブログを中心に情報収集したので十分だったのと、あとはこちらの本を読んでワクワク感を醸成しました。笑

わたしのマトカ (幻冬舎文庫)

わたしのマトカ (幻冬舎文庫)

 

映画『かもめ食堂』とセットで読むと楽しさ倍増、片桐はいりさんのエッセイ。文章としても大変読み応えがあり面白いし、これ読んだら高確率でヘルシンキ行きたくなっちゃうので要注意。

 

北欧フィンランド 食べて♪旅して♪お洒落して♪

北欧フィンランド 食べて♪旅して♪お洒落して♪

 

北欧エッセイで検索すると必ず上がってくるコミックエッセイ。ヘルシンキ市内だけでなく、犬ぞりツアーやラップランドで見るオーロラツアーなどにも触れられていて、フィンランドの別の部分もまた見に行きたいなぁと思わせてくれる。

サウナの入り方については特に熟読しました!

 

幸せの国スウェーデンから くまさんと私のおもしろ北欧デイリーライフ

幸せの国スウェーデンから くまさんと私のおもしろ北欧デイリーライフ

 

同じくコミックエッセイですが、こちらは隣国スウェーデンに移住した日本人女性の等身大の北欧ライフについて。ユーモアもあり、国際結婚や移住生活のリアルがむしろ参考になりました。

 

フィンランド豊かさのメソッド (集英社新書 (0453))

フィンランド豊かさのメソッド (集英社新書 (0453))

 

この中で一番お固め…と思いきや、スイスイ読めました!ちゃんとデータ等も扱っているのに、著者の堀内さんの実際に居住する者としての目線が活き活きとしているからか、長短含めたフィンランドという国について基本情報を知ることができました。

 

おまけ

www.lifeisajanico.com

お友達の音声配信『しもってラジオ』でも、ヘルシンキについてお話しさせていただいてます!

youtu.be

 

にほんブログ村 恋愛ブログ 国際恋愛(アメリカ・カナダ人)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 OL日記ブログ 外資系OLへ
にほんブログ村