元外資系OLの眼鏡

カナダ人と結婚4年目。カナダ・ケベック州モントリオール郊外在住。国際結婚のリアル/海外移住生活/日々の気づきなど、のびのび更新中。

パーソナルトレーニングはやって初めて分かる意味のある投資だ

興奮の余り超長文になってしまいましたが、この想いよ届け…!

 

パーソナルトレーニングを受けようと思ったきっかけ

広義には、カナダに行っても太らないよう(高校留学の1年で+8kg経験者)筋トレや食事の知識を体系的に得たいと思ったこと。

そのために重い重い腰をやっとこ上げてフィットネスジムに通い始め、運動自体は気持ち良かったんですが、下記の理由からやっぱりパーソナルを受けようと決意しました:

  1. (フィットネスジムで)最初にカウンセリングを受けたスタッフが明らかに知識・力量不足だった
  2. 負荷や回数、フォームが正しいかよく分からなかった

1. についてはここで詳細を語るのは控えておきます… :(

2. に関して、それ以外のスタッフは良いんですが笑、聞けば教えてくれるけどずっと見てくれる訳ではない。別料金だから当然ですね。

「これで合ってるのかなぁ…?」と思いながらマシントレーニングをするのが結構ストレスになってきたのが、直接のきっかけでした。

f:id:lifeisajanico:20200125203447j:plain

 

悩んだ結果行って良かった理由

そんな訳で、パーソナルトレーニングジムの無料カウンセリングに行ってから、また随分悩みました……なんせ高い。

周りの綺麗なお姉さんたちに聞いたり、数多のブログを読み漁ったりして情報収集するも、結局は「やってみんと分からん!」という当然の境地に。

最後はエイヤーで入会してみたら、ちょっと前の悩んでた自分、迷わずお金突っ込め!!と背中をドンと押せるぐらいには満足しているので、その理由について述べます。

 

パーソナルの真の意味

まず、

  • 時間中常に自分だけを見てくれて
  • フォームが崩れたら即直してくれる

のは至極贅沢という、パーソナルの当たり前のメリットをめちゃくちゃ感じました。

これは、体験しないとなかなか実感が難しいと思います。その前にフィットネスジムでのトレーニングを経験したのも、比較できて良かった。

例えば、寝転がってTVを見るような姿勢で、ゴムチューブを膝に引っ掛けて、膝を開閉するエクササイズがありますね。言わずもがな、楽そうに見えてかなりキツいです。

この(比較的)負荷の掛かり方が初心者にも分かりやすい動きでも、骨盤を締めて股関節から動かせるか否かで効果が変わってきます。

骨盤からベロンと開くと楽になってしまうので、トレーナーが後ろから膝を入れて支えてくれます。ちゃんと動くべき所が動いているか、逐一目視&手で触れてガイドしてくれます。

回数も、キツすぎて嫌になる程ではないのに、翌日ちゃんと効かせたい部分にじんわり筋肉痛が来ました。またトレーナーが回数を数えてくれるので、もはや自分で数える必要すらない。本人がするのは体を動かすことだけというところまで集中できるのです。

 

(本人次第で)半永久的なプロの技術と知識を享受できる

フィットネスジムの会費は1ヶ月1万円前後が相場であることを考えると、パーソナルは1回1万円前後と、確かに金持ちの道楽かのように思えます。

しかし、例えば都心の美容室でカラーにカット、シャンプー・ブローとしてもらったら、1万円ぐらい掛かります。自分専属で、プロに一定時間技術を提供してもらうにはそれなりの対価が必要ということです。

前述の通り、パーソナルトレーニングジムでの1回あたりの経験の密度は、フィットネスジムのそれとは比較にならないほど(私のような筋トレ初心者の場合)。これは一度でも体験すると、価格に納得できるのではないかと思います。

それに筋トレに関しては、筋肉は(文字通り)身になる上、そこで得た知識と感覚は一生モノです。時々メンテナンスしたとしても、残りの人生は自分でトレーニングが出来る*1

そう考えると、数あるプライベートレッスンの中でもかなりコスパが高い投資なのでは。

 

ポジティブな言葉のシャワー

「そうそう、その調子!」

「フォーム綺麗です!」

「すごい、上手!」

果ては、言われるがままマットにゴロンと寝そべっただけで

「オッケー、いいですね!」

1回のレッスンで、平均して1年分の賛辞を受け取ります。

エンパワーメント(empowerment: 自信を持たせる、勇気づける)という技術だと分かっていても、自己肯定感が高まらざるを得ない

だいたい大人になったらさぁ(ここで焼酎お湯割りをグビッと煽る)、誰も滅多に褒めてくれないじゃないですかぁ。褒めるは技術ですね。私も、出し惜しみせず周りの人を褒めようと思いました。

 

行くまでのハードルは限りなくゼロ

私の行っているパーソナルジムでは、ウェアやシューズ、タオルは貸出、お水も貰えるので、本当に仕事終わりに手ぶらで行けます。

荷物が少ないのはもちろん、濡れたタオルを持ち帰らなくて良い、ウェアを洗濯して管理する必要がないのは本っ当〜に楽ちん…。

その他料金には、シャワー設備や食事指導の分も含まれています。

私は減量が目的ではないこともあり、毎食の写真を送る必要は無いと言われました。その代わり毎回トレーニングの際に、最近何を食べたか報告します。

食事管理についても、「いきなりストイックにすると必ず反動が来るので、最初はトレーニングをメインに身体を作っていきましょう」という方針が嬉しかったです。お酒も、トレーニングの日は飲まないぐらい(の我慢)で大丈夫とのことで、ホッ。

 

やるかやらないか迷ったらやってみろ

大金払って「こりゃ失敗!」ってなったら、ネタにしてやろうと思っていました。

しかし個人的にはこれまでの人生で、高校留学と医療脱毛に続く、意義のある高額投資になりそうだと感じています。

また入会に迷ってパーソナルトレーニングに関するブログを読みまくっていた時、個人ブログであっても宣伝目的なのかなぁ…?と思ったこともありました。

でも、特定のジムのリンクなどを貼らずにパーソナルトレーニングの良さについてご自身の言葉で語っている記事にもたくさん出会い、背中を押されました。だから私もジムのリンク貼らないし、素直な感想を書いているので信用して下さい!笑

パーソナルトレーニングに限らず、迷って悩んであれこれ調べているということは、食指が動いているということ。一度きりの人生、やってみなはれ!精神でトライしてみませんか :)

 

にほんブログ村 恋愛ブログ 国際恋愛(アメリカ・カナダ人)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 OL日記ブログ 外資系OLへ
にほんブログ村

*1:だからこそ、トレーナーやパーソナルトレーニングそのものに依存し過ぎないよう気を付けないとなぁと思っていた矢先に、この記事を読んでとても納得がいきました。

スポンサーリンク