元外資系OLの眼鏡

カナダ人と結婚4年目。カナダ・ケベック州モントリオール郊外在住。国際結婚のリアル/海外移住生活/日々の気づきなど、のびのび更新中。

【ミネアポリス暴動】差別と相互理解の難しさ【国際結婚】

真面目な話をします。

このツイートを見て、思ったことを少し。

 

国際結婚におけるアンタッチャブル

普段カナダ人夫との国際結婚についてはゆるふわな面ばかりフィーチャーしていますが、もちろんケンカもするし、苦労もあります。ただし言葉や価値観の違いというよりは、単に個々人の性格に由来するものです。笑

しかし人種差別に関してだけは、国際結婚ならではの地雷案件かも知れません。

結婚当初まさに黒人差別について話題に挙がった際、お互い一歩も譲らず最終的にケンカになってしまいました。しかも、数日後に冷静になってから話しても、議論は平行線のままでした。

ここまで意見が食い違うことも珍しく、この件に関しては両者とも「少なくとも現時点では理解し合うことは諦めよう」と、以後避けがちな話題となっています。

 

白人は優遇されているか?

冒頭のツイート内で、ビリー・アイリッシュ氏は白人に対する優遇について触れています。

私の偏見であれば申し訳ないのですが、日本人同士で「白人って優遇されてるよね?」と言ったら、恐らく大多数は否定はしないのではないでしょうか。

オバマ氏が大統領に就任した際に「アフリカ系初のアメリカ合衆国大統領」と話題になったこと。それは、歴史上白人の方が政治・経済・学問多くの面において、他の人種よりも有利なアクセスを持っていたことを示す事実ではないでしょうか。

しかし、白人である夫は「白人優遇(white privilege)は無い」と言うのです。

無いと言い切られたら、そんなわけあるかい!と反射的に突っ込みたくなりますが、一応その論拠を聞くと:

確かに過去に黒人奴隷に対する痛ましい歴史や黒人差別はあった。

しかし先祖が犯した過ちによって、何もしていない現代の自分たちが(白人というだけで優遇されているという)謂われのない罪を着せられるのは逆差別である。

いやいや改めて文章にして思ったけど、問いに対する答えとして成り立ってないな!?笑

 

白人たちの様々な意見

さらにこの話には続きがありまして。 

ドイツ人男性(白人)と夫と飲んでいた時にこの話題が出て、彼も「白人は優遇されていない」と言います。理由は、成績優秀で日本語堪能な彼が日本の就活でことごとく落とされるのに、大学院で同じクラスの中国人たちは受かっているから。いやいや、それもまた話が別やろ。笑

それとは別に、カナダ人女性(白人)と夫とまたまたこの話題になり、彼女は「白人は優遇されている。それは認めないといけない。」と言っていました。

この件を通じて、何かしらマイノリティーの立場に立ったことのある人は、自分が優遇されていることにも敏感になれるのかなと思いました。

f:id:lifeisajanico:20200314193006j:plain

それぞれの立場で感じる差別

これはさすがに夫には言いませんでしたが、はっきり言って白人男性は、人類史上立場の強さピラミッドで言えば頂点だと思います。あくまで歴史上の話ですよ。

そしてピラミッドの頂点にいる人には、下層の人がどれだけの抑圧に耐えているのか、想像がつき難いのだと思うのです。

私は、日本にいればアジア人というだけで差別を受けることはほぼありませんが、女性であるという理由で理不尽な目に遭ったことはあります。例えば、日系企業の飲み会で、同期の男子と並んでいた私だけに上司がお酌を命じてきた時(こういう時に同期男子は何も言わずに一緒にお酌してくれたので、日本の未来は少し明るい)。

しかし一方で、国立大学を卒業した私は、就活でエントリーすら出来ない状況なんて経験したことがありません。また大学時代に大怪我をした時、当初は手術室が混雑していて待機状態だと言われましたが、出身大学の大学病院という理由でオペ日程が早く組まれるのを目の当たりにしました。

学生時代までは周りも似たような環境で当然だったけど、きっと他にも自分が気付いていないところで優遇されていたことってあると思うのです。

 

私ががんばったから?

この例を夫に説明したところ、「学歴はCaseyが努力して勝ち取ったものだけど、白人として生まれたことは僕が選んだことじゃない。自分のコントロールが及ばない事実によって、差別者側であるような謂われを受けていいわけじゃない」とのこと。

うーん、でもそれと「自分の属性は少なくともある面で優遇されている可能性が高い」と認めることとは別なんでは。

だからこそ、上野千鶴子先生の東大入学式祝辞は響きました。

www.u-tokyo.ac.jp

いくら「がんばったから報われた」結果だとしても、がんばれる環境自体が既に恵まれていることに気付くことができるか。その事実に感謝して、社会に還元しようという気持ちで勉学や将来の仕事に向き合えるか。それが、単なる頭の良さと、聡明さの違いだと思います。

 

あなたはどう思いますか? 

こんな感じで、毎回議論は平行線のままに終わります。

皆さんはどう思いますか?白人のパートナーに対して「白人は優遇されている」と言うなんて、ひどい妻だと思いますか?そうだとすれば、なぜひどいと思うのでしょうか?

今回の暴動に関する報道、およびSNSでの人々の発信に触れるたび、この議論の難しさに唸ってしまいます。私自身答えを探し続けるでしょうし、このような話題を自分事として考える機会を与えてくれたのは、国際結婚でした。

何より、命を落とされた方のご冥福を心よりお祈りいたします。

 

にほんブログ村 恋愛ブログ 国際恋愛(アメリカ・カナダ人)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 OL日記ブログ 外資系OLへ
にほんブログ村

スポンサーリンク